世田谷区のクリーンセンター(清掃・リサイクル施設)情報まとめ

カテゴリ:

クリーンセンターは、ただごみを処分するためだけの施設ではありません。リサイクルに関する学習をしたり、不用品を格安で購入できたりと、お得な施設でもあります。今回は、知られざる世田谷区のクリーンセンターの魅力についてご紹介します。

世田谷清掃工場について

世田谷清掃工場は、約30,000平方メートルの広さがある、可燃ごみを焼却するための清掃工場です。1日で300トンものごみを焼却することができます。世田谷区の可燃ごみは、世田谷清掃工場と千歳清掃工場に運ばれて焼却されます。

世田谷清掃工場では、個人や団体の工場見学を受け付けており、私たちの普段の暮らしから出るごみがどのように焼却されるのか学べます。

原則として東京23区内に在学、在勤の方が参加対象なのですが、それ以外の人でも大丈夫です。一人の参加もOKです。1時間半程度かけて、ごみ処理についての映像ビデオを見たり、工場の設備を見学したりします。

子供の夏休みの宿題にもおすすめですし、大人の社会科見学としても最適です。過去には、親子を対象とした工場見学会も開催されており、工場汚水をどのように綺麗にするか、太陽光パネルによる発電の体験など、盛りだくさんな内容で企画されました。リサイクルは、持続可能な社会を作るための重要な柱です。年代を問わず、問題意識を持ちたいですね。

千歳清掃工場について

世田谷区には、世田谷清掃工場以外にも、もう一つ千歳清掃工場があります。千歳清掃工場も可燃ごみを焼却処分する施設ですが、ごみを焼却するときの熱を有効利用していることが特徴的です。

施設から出る廃熱を使った温水プールがあります。「千歳温水プール」といい、年中、温水で泳ぐことができます。各種フィットネス教室も開催中です。千歳清掃工場の可燃ごみ焼却能力は1日あたり600トンと、世田谷清掃工場よりも上です。

ごみ焼却の際のエネルギーを使って、12,000キロワットも発電しています。こちらも工場の見学会を実施していますので、ごみだけではなくエネルギーのリサイクルに興味がある方はぜひ、千歳清掃工場に行ってみてください。

清掃事務所について

清掃事務所とは、ごみを出す利用者により近い場所で仕事をしています。例えば、ごみの分類の指導や環境学習を始め、高齢の方や障害のある方がごみを出すときに、玄関先からごみを収集したり、ごみの早朝収集を行ったりします。

家庭から一気にたくさんごみが出たとき(植木の伐採など、有料で収集)の収集も担当しています。世田谷区には、世田谷清掃事務所と、玉川清掃事務所、砧清掃事務所の3つの清掃事務所があります。

エコプラザ用賀・リサイクル千歳台について

エコプラザ用賀とリサイクル千歳台はごみの処理施設ではありません。粗大ごみとして収集した物のうちで、まだ使える物をリユース品として販売しています。テレビ台から、子供用の自転車、車椅子などもあります(月の前半、後半で品物は入れ替わります)。

一律1,000円で販売していますので、お目当ての品があったら随時ホームページをチェックしましょう。抽選に当たれば、購入できますよ。

まとめ

不用品として捨てればごみですが、まだまだ使える物もたくさんあります!しかも格安で必要な物が手に入るなんて、とても助かりますね。エコプラザ用賀・リサイクル千歳台を、上手に活用してください!各種清掃工場にも、興味があればぜひ見学に出掛けましょう。

本記事は、2016年11月14日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。