世田谷区の粗大ごみの出し方・処分方法まとめ

カテゴリ:

世田谷区で粗大ごみを出したい場合は、ほかの自治体と同様に通常のごみ集積場所には出せません。今回は、世田谷区で粗大ごみを出したい場合の処分方法についてご紹介します。

世田谷での粗大ごみの出し方

引っ越しや買い替えなどで、粗大ごみが出た時は、「粗大ごみ」として世田谷区に収集を依頼するか、自分で処分場に持ち込むという方法があります。
「粗大ごみ」とは、世田谷区では一辺が30cm以上の物を言います。解体しても、粗大ごみは粗大ごみなので、通常のごみとしては処分できません。

自治体によって「大型ごみ」などの別の呼び方をされている場合がありますし、「粗大ごみ」は「通常のごみ袋に入らない物」と定義しているところもあるので注意しましょう。布団や椅子、カーペット、家具などは粗大ごみに該当する場合が多いです。

粗大ごみ回収の値段

世田谷区の粗大ごみ回収の値段は、一例として、布団は掛け布団、敷布団ともに300円です。持ち込むと100円安くなります。椅子は一人用で700円(持ち込み:300円)、カーペットは2畳以下のサイズだと300円(持ち込み:200円)、それより大きく6畳までのサイズは700円(持ち込み:300円)です。

では、具体的にリビングルームの家具をいくつか処分することを考えましょう。部屋の模様替えをしたくなったあなたは、リビングにある椅子4脚、ダイニングテーブル1台、ランプ1台、二人掛けソファを1台処分することにしました。

到底一人で運べる量ではありませんし、通常の乗用車にも乗らないサイズなので、粗大ごみとして収集してもらうことになります。すると、用意すべき処分手数料は、椅子で2,800円(700円×4=2,800円)、ダイニングテーブル700円(最大辺が80cm以上160cm未満の物で700円×1台=700円)、ランプ300円、二人掛けのソファは1,000円です。合計で4,800円です。

さらに、この手数料を支払って粗大ごみ券を買わなければなりません。生活保護を受けているなど、いくつかの条件に該当する場合、世田谷区の粗大ごみ手数料は減免されます。

インターネットや電話での申し込み

電話で収集を依頼する場合もインターネットで収集を依頼する場合も、世田谷区粗大ごみ受付センターに連絡を取ります。電話で受付をする時は、月曜日~土曜日の午前8時から午後9時に、世田谷区粗大ごみ受付センターに電話をして、収集場所などを決めます。

当日は、家の前に粗大ごみ券を貼った粗大ごみを出しておき、収集してもらいます。家の二階にある物は、自力で外まで出さなければなりません。世田谷区指定の収集場所まで自分で持っていける場合は、電話・インターネットで申し込みをした後、予約した時間帯の土日に収集場所に持ち込みます。持ち込みは一回10点までです。

粗大ごみとして収集できないもの

エアコン、テレビ、洗濯機、冷蔵庫・冷凍庫、衣類乾燥機は粗大ごみではなく、家電リサイクル法に定められた別の方法で処分しなければなりません。家電を買ったお店にまずは相談しましょう。なんらかの理由で、購入したお店と連絡が取れない時は、家電リサイクル受付センターに依頼して、リサイクル料金と収集・運搬料金を収集に来た業者に支払います。

まとめ

世田谷区の粗大ごみの出し方は、ほかの自治体と似ています。引っ越し時や模様替えの時など、一気に粗大ごみが出る時は処分手数料がかさんでしまうことを覚悟したほうがいいかもしれません。自分で搬入するとほぼ半額程度には抑えられますが、一回10点までなので手間がかかってしまうことに注意してくださいね。

本記事は、2016年11月14日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。