高級素材、ウォールナットの特徴と価値

カテゴリ:

ヴィンテージ感やレトロな風合いが出せるウォールナット材。男前な感じやおしゃれな感じのインテリアを目指す方におすすめの素材です。ここではウォールナットの特徴やウォールナット材使用家具の買取事情についてまとめました。

ウォールナットの特徴

ウォールナットは一般的に、クルミ科の植物である「ブラックウォールナット」を指しています。重く堅い木材で狂いが少ないというのが特徴です。

アメリカ東部やカナダのオンタリオが主な産地です。家具や床材に使われることが多いのですが、ピアノ等の楽器の素材としても使われます。美しい木肌と、衝撃にも強い性質を持ち合わせているので、高級家具に使われることが多い素材です。

どんな場所に使われているの?

先にも触れましたが、木肌が美しいので無垢材は床材として使われることがあります。無垢材でも反り返りが少ないので、色合いや木目を生かしたフローリング材として選ばれることが多い素材です。

木製家具の場合も、一枚板で作ることができるテーブルや、木目を生かしたキャビネットなどに採用されています。温かみがある色合いなので、部屋の雰囲気を柔らかくしたいという場合にも使われています。

経年変化も楽しめる

ウォールナット材は適度に油分を含んでいるため、ツヤを感じることができます。空気に触れ、日常生活の中で使い込んでいくことで、徐々に味がある風合いに変わっていきます。

深い色合いが特徴ですが、経年経過とともに色が薄くなっていきます。自然の風合いを楽しめるのもウォールナットならでは。

劣化を防ぐために塗装加工がなされている素材でも、時間の経過とともに飴色が深く見えるようになるなど、ヴィンテージ感溢れる雰囲気が好きな方におすすめです。

ウォールナット使用の家具、買取価格も高い?

高級木材と謳われているので、買取額も高額に上ると考えることができますが、デザインやブランド、サイズや色合いによって買取額が大きく左右されてしまいます。

ノンブランドの組み立て家具などは買取が難しい場合がありますが、人気があるブランド家具の場合、大型家具になると相場以上の買取値がつくことも考えられます。

ヴィンテージ・男前・シャビーシックなど、ウォールナット材で作られた家具のデザインはさまざまなので、リサイクルショップに見積もりを依頼する時は、家具の趣向を理解してくれるお店を選びましょう。

まとめ

ウォールナット材は高級素材とされており、堅牢性に優れているので床板や家具に採用されています。使い込んだ風合いが人気の素材ですので、大型家具などはリサイクルショップなどで高額買取が期待できます。

普段から日に当てず、乾いたタオルでから拭きなどのお手入れを行い、大事に扱っていきましょう。

本記事は、2016年12月19日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。