自然素材で希少性も高い無垢材の基礎知識

カテゴリ:

手触りが、そして木の香りがいい無垢材。ナチュラルさが際立つため、家具に取り入れたいと考える方もいることでしょう。ここでは無垢材の基礎知識や価値について取り上げました。

無垢材とは

無垢材とは、一枚板で何の加工も施していない木材のことを指しています。使用する形状に合わせて丸太からそのまま切り出しています。合板やベニア板のように何枚も貼り合わせた板ではないので、希少性が高いとされています。

一般的には切り出された無垢材を磨きあげた後、無塗装のままで使われることが多いのですが、昨今ではオイル加工などを行い、コーティングを施した無垢材が主流です。無垢材はフローリングの床や木目を活かしたナチュラルな家具などで使われています。

無垢材のメリット

木の香り、ぬくもりを感じられる、ナチュラルな風合いを楽しめるのが一番のメリットです。木そのものが呼吸をしているので、冬は暖かく、フローリングに無垢材を使っていると裸足で過ごすことができるとも言われています。

耐久年数も長く、使いこむほどに良い風合いに変化していきます。一枚板をそのまま使うため、加工する工程が少ないのが特徴です。化学物質などを最小限に抑えて加工ができるので、アレルギー体質の方でも安心して使うことができます。

無垢材のデメリット

無垢材は良い物として紹介されることが多いのですが、デメリットも存在します。一番のデメリットは「水拭きができない」ことにあります。特に無塗装の無垢材の場合は水拭きをすると木材に歪みが生じます。

また、水の輪ジミがついてしまいます。汚れがつきやすいことも考えられます。コーティングされていますが、手アカ等がつきやすい傾向にあります。

また、素材によって木の硬さが変わります。そのため、合板よりもささくれができやすい場合があります。汚れやささくれの補修に「削り直し」という工程を行うことができますが、時間と費用がかかりやすいのもデメリットと言えるでしょう。

無垢材の金額や価値…家具買取に影響する?

無垢材は1本の丸太から切り出されている物なので、木材の種類や産地、樹齢によってはかなりの金額になると予想されます。相場では集成材 や合板の2~3倍ほどの価格がつきます。

ただ、自然を守るために間引きされた木(間伐材)や商品としての木材を作るために育てられた場合は無垢材でも若干値落ちする可能性も否めません。

また、良い無垢材でも、節目を避けた生地取りや、木材の有効活用をするために「はぎ」を作り、木材を継ぎ足して家具が作られることがあります。この場合、価格も安くなります。

また、家具のリサイクルのために買取専門店に査定を依頼した場合、無垢材の汚れや傷はなかなか修復できないので、集成材で作られた家具より値がつきにくくなる可能性も否めません。オイルなどで逐次メンテナンスをして、アンティーク性が出てきた場合には、高額買取が期待できます。

まとめ

無垢材は希少価値が高く、集成材と比べると高額になりやすいですが、汚れや傷、「はぎ」を作った上での家具は値を落とす可能性があります。無垢材の家具は長きにわたって愛用できるので、定期的にオイルを塗るなどのメンテナンスを行い、丁寧に保つことをおすすめします。

本記事は、2016年11月21日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。