Vitra(ヴィトラ)の家具の買取情報まとめ!相場や高価買取の査定ポイント

カテゴリ:

スイスの家具ブランドVitra(ヴィトラ)は、ホームユーズのインテリアのほか、公共施設・会社などで使われる什器や調度品なども手掛けています。おしゃれな雰囲気があるVitraの人気家具や特徴、買取事情に関して調べました。

Vitraの家具の特徴

Vitraは1950年にスイスで生まれたブランドです。多数のデザイナーがデザインを発表し、世界的な人気ブランドになりました。ポップで前衛的なデザインが多く、年齢を問わず広い人気を誇ります。また、オフィスや公共の場でもVitraを取り入れるオーナーが多く、その場の雰囲気になじみやすく、空気を変えないデザイン性も魅力の一つとなります。

Vitraの人気家具について

Vitraはデザイン性が高く、そのたたずまいから一目で「Vitra」とわかるものが多くあります。中でもチェアが人気で、特に「ワークネスト」というオフィスデスクで使われるラインや、背もたれに特徴がある「イプシロンチェア」が製造終了後の現在も大人気です。

Vitraはデザイン性が高く、そのたたずまいから一目で「Vitra」とわかるものが多くあります。中でもチェアが人気で、特に「ワークネスト」というオフィスデスクで使われるラインや、背もたれに特徴がある「イプシロンチェア」が製造終了後の現在も大人気です。

Vitraの家具の買取相場

Vitraの家具は、家庭だけでなくオフィスでも人気です。チェアやソファー、テーブルなどは中古市場でもニーズが高く、高額買取が期待できます。

特にチェアとコーディネイトされたテーブルなどはセットで高く買い取ってもらえる可能性があります。日本には代理店のみが存在し直販店がなく、修理が難しい傾向にありますが、代理店に相談をすることで対応してもらえることもあります。そのため、中古市場でも安心して取引がなされているのです。

Vitraの家具、査定・見積もり時のポイント

Vitraの家具は不朽の名作である「イプシロンチェア」が高額買取のターゲットとなっています。このほかにも、廃番品のチェアを中心にニーズが高まっています。Vitraの家具であることが証明できるもの(保証書など)を添付することをおすすめします。

また、長年使っていると緩みや破損部分が出てくる場合があります。買取を依頼する場合、「きれいに清掃すること」は買取価格UPの一番のポイントとされていますが、破損部分に関しては、補修はせずそのまま見積もり査定へ出します。

ホームセンターなどで販売されている部品を使いセルフ補修をすると、査定の減点ポイントとなります。人気のチェアでも買取不可となってしまう可能性がありますので注意しましょう。

まとめ

Vitraの家具や雑貨はモダン・ポップなど、様々なラインがあります。長く使えるデザインが多く、年月を超えてもなお人気のラインがある家具ブランドです。ニーズが高く、中古市場でも広く求められているので、お手元にVitraの家具があったらぜひ買取査定を依頼してはいかがでしょうか。

本記事は、2016年11月14日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。