IDC大塚家具の買取情報まとめ!相場や高価買取の査定ポイント

お手頃価格の商品ばかりではなく、ハイエンドブランドの家具や美術品と見紛うような家具など幅広い家具を取り扱っているIDC大塚家具。

ここでは、IDC大塚家具の特徴や人気商品の相場、買取のポイントについてまとめました。

IDC大塚家具の特徴

高級家具の取り扱いが多いイメージがありますが、大量仕入れを行っているため、コストを抑えた商品展開が多いのが魅力です。量販品ばかりではなく、上質で格調高い家具の取り揃え、幅広い価格帯とさまざまなデザインの家具を販売することをモットーとしています。

事業改革で販売手法を変えたため、若干庶民的な品ぞろえが増えましたが、海外からの輸入家具などの取り扱いもあるので、多くの方の好みに合わせた品定めができるお店です。

IDC大塚の人気家具について

IDC大塚家具では、多くの顧客に人気が高い家具があります。今流行の北欧家具や国産の飛騨・高山の家具などが人気の的です。木のぬくもりを活かしたデザインですので、インテリアとしてもしっくりなじみやすいのが特徴です。

また、カップボードやダイニングテーブル、ソファといったリビングに設置できる家具を中心に人気が高く、売れ筋商品として紹介されています。この他にも、さまざまなブランドの家具の取り扱いがあるため、顧客のニーズに合わせた販売が可能です。

IDC大塚家具の買取相場

IDC大塚家具で購入した家具をやむを得ない事情から手放さざるを得なくなった時、愛着が高い家具だから、正当な買取価格で評価してほしいと考えるのはとても自然な気持ちです。

商品や材質、状態によっても左右されますが、家具買取専門店では5,000円以上の買取額が付くこともあります。

ブランド家具やダイニングテーブルなどの大きな物には、80,000円程度の価格が付く可能性もあります。IDC大塚家具で取り扱いがある家具は、品質はお墨付き。それぞれの品物に、たたずまいや品格が備わっている物が多いので、高く評価してもらえるメリットがあります。

IDC大塚家具の査定・見積もりポイント

IDC大塚家具で購入した家具を買取時に少しでも高く評価してほしいなら、見積もりを高く取ってもらえるポイントに注意することをおすすめします。

1.ダイニングテーブルセットは椅子もすべてそろっていること
2.購入後3~5年以内であること
3.大きな傷や割れがないこと
4.臭いやカビがないこと

これらのポイントは、IDC大塚家具以外の家具にも通じることです。もちろんホコリや汚れがない状態で見積もりを依頼することも大きなポイントとなります。

最近では複数の見積もりが一括して依頼できるサイトも存在しています。複数の店舗から見積もりを取り寄せ、比較を行ったうえで買取を依頼することも一案です。もちろん一般的な「リサイクルショップ」ではなく、ブランド家具専門のリサイクルショップを利用することで高額買取を期待することができます。

まとめ

IDC大塚家具は国内にたくさんのショールームが存在しています。先にも触れましたが、事業改革が進み、一般客も気軽に店を訪れやすい雰囲気ができています。

流行やイメージに合わせたインテリアが見つけやすく、長く使える家具がそろっています。大塚家具の商品は買取を強化しているリサイクルショップも多いので、この機会に買取を依頼してみませんか?

本記事は、2016年10月05日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。