ダイソン掃除機の売れるモデルは?買取実例を一覧でご紹介します!

カテゴリ:
ダイソン掃除機の売れるモデルは?買取実例を一覧でご紹介します!

大人気のダイソンの掃除機。
吸引力の高さが人気の秘訣のようです。
今回は、ダイソンの人気掃除機の買取相場を一覧にしてまとめてみました。

リストの一覧を見ていただければ、現在は販売が終了しているモデルでも2万円を超える金額で買い取ってもらえる可能性があることがわかります。
商品の種類や状態によっては、さらなる高額買取も夢ではありません。

ダイソンの掃除機とは

ダイソン掃除機の最大の特徴は「吸引力が落ちない」という点です。
CMなどでご存じの方も多いことでしょう。

掃除機は通常、ゴミが溜まってくると吸引力は落ちます。
紙パック式の掃除機であれば、ほとんどの商品においてこのようなことが起こり、吸引力が落ちる前に紙パックを交換しなければなりませんが、ダイソンのサイクロン式掃除機ならその心配や手間がありません。

デザイン面に関しても、ダイソンは元々イギリスのメーカーであるため日本の他製品とはどこか違う、洗練されたものを感じます。
値段は少々高めですが、確かな技術力とデザイン性が人気を集めているようです。

実績紹介!ダイソンの高く売れる掃除機リスト

●コードレスクリーナー

DC35

ダイソンの掃除機シリーズの中でも比較的安価なモデルです。
「デジタルモーターV2」と「ルートサイクロン技術」が採用されているため、新しい機種と同等の吸引力があります。2011年発売モデルではありますが、未だに人気の機種です。

DC35の買取相場:5,000円~30,000円

DC45

DC45はダイソンが2番目に発売した「スティック型コードレス掃除機」。
DC35とよく似ていますが、連続使用時間や充電時間、ゴミの集じん率に違いがあります。

DC45の買取相場:26,000円~40,000円

DC62

2013年に発売したスティック型コードレス掃除機です。

約4年前のモデルとなるものの、最新のサイクロンテクノロジーと、2015年モデル(V6)にも採用されているV6モーターを搭載しているので、強い吸引力と、空気とゴミを分離する能力が非常に優れています。
そのため人気は未だ衰えず、買取価格も高めとなっています。

DC62買取相場:22,000円~38,000円

DC74

ナイロンフェルト製のヘッドで床との密着度を上げることにより、これまで簡単には吸い込むことのできなかった大小様々なゴミを一気に吸い込むことができるようになっています。
付属のミニモーターヘッドや、すきまノズルのおかげで掃除はこれ一台でこなせてしまいます。

DC74の買取相場:およそ20,000円

●キャニスター型掃除機

DC26

重量は3.3kgと従来品と比べると小さめです。
ですが、小さくなった分パワーも落ち、買取価格は少し安めで取引されています。

DC26の買取相場:4,500円~10,000円

DC46

ボールを模した形で、ホースの付け根そのものが左右に可動することにより、本体の方向転換力・追従性は抜群です。
付属品なども買取の査定に響いてきますので、必ず取っておきましょう。

DC46の買取相場:14,000円~15,000円

DC48

DC46と比べると30%の小型化と軽量化を実現。
ダイソン Ball搭載で、家の中の家具や障害物を簡単に避けられ、即座に方向転換ができるようにされています。

手入れのしやすさもあり、中古商品でも人気は高いです。

DC48の買取相場:12,000円~25,000円

DC63

ダイソンの最新技術が詰まったキャニスタータイプの掃除機です。
査定に出す際は、すべてのパーツを取り外し、傷や汚れ、使用感を確認しましょう。

DC63の買取相場:約30,000円

●ハンディクリーナー

DC34

DC34はバッテリー方式のハンディクリーナーとしては、吸引力はかなり強い部類であるため、ハンディクリーナーの中でも人気のモデルになっています。

DC34の買取相場:3,000円~12,000円

DC34MH

他にはないデザインと軽さが魅力です。DC34には付属していないミニモーターヘッドが揃っているかが買取時に重要となります

DC34MHの買取相場:約15,000円

ダイソン(掃除機)の買取価格相場|おいくら リサイクルショップ買い取り実績

ダイソンの掃除機を売るベストタイミング

ダイソンの掃除機は従来の掃除機と比べて紙パックがいらないため、発表されるや否や、高い集塵力と常識破りの高価格で話題を呼び大ヒットしました。

現在、ダイソンから販売されている掃除機は、「キャニスター型」や「コードレス」、細かな場所の掃除に便利な小型の「ハンディ」、「ロボット」の4タイプとなっています。

買取相場はキャニスター型と比較してコードレスが高くなっています。
やはり、部屋の中の掃除にはコードが絡みにくいコードレスが人気のようです。

ダイソンの掃除機は根強い人気があるため、全体的な買取相場は高めです。
売り時としては今現在持っているモデルよりも2つ新しい型が出る直前がおススメです。

まとめ

ダイソンの掃除機の特徴や買取価格について一覧にしてご紹介してきました。

1つ前ぐらいのモデルならばそれほど相場も下がっていません。
そのため、新しいダイソンの掃除機であれば本体の汚れを落とすなどで、買取価格がアップする可能性もあります。

また、ダイソンはプラスティックボディのためキズが目立ちますが、軽い擦りキズ程度なら市販のキズ消し剤で補修することも可能です。

ひと手間かけて買取金額をアップさせましょう。

本記事は、2017年07月19日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。