iPodの歴代モデルの買取価格とデータ消去などの売却ノウハウ

カテゴリ:
iPodの歴代モデルの買取価格とデータ消去などの売却ノウハウ

使わないiPodが家で眠っていませんか?
iPodは最近あまり使わないので、もう売れないだろうなんて思わないでください!
実はちゃんと買い取ってもらえますよ。

今回は、iPodのモデルごとの買取相場をご紹介します。
家で全く使わないまま置いておくなんてもったいないです!

iPodの種類や世代ごとの買取相場

iPodは新しければ新しいほど買取価格も高くなる傾向にあります。
特に、iPod touchは見た目も機能もiPhoneに近いものがあり、大変人気です。
それではモデルごとに、買取相場をご紹介します。

iPod touch

iPod touchは、2015年に販売開始された第6世代が最も新しく、iSight カメラと FaceTime HD カメラを内蔵しています。OSは、iOSというiPhoneに搭載されているものと同じになります。

iPhone がかなり普及すると同時に発売されたものなのですが、iPhoneを持っていない人や子供のスマホ入門として使わせる親もいるようです。また、ビビッドな本体のカラーリングが始まったのは現行第6世代からで、第5世代はどちらかというとパステル調の明るい本体の色です。

それより前は、白や黒といったクールな色調です。新しければ新しいほど高い値段がつきますが、新しさとは別に容量が多いと、価格も高めになります。

買取価格としては、最新の第6世代iPod64GBで20,000円、16GBで16,500円、1世代前でも32GBで15,000円ほどで買い取られています。2世代前以上前になってしまっても、5,000~10,000円程度で買取されています。

新品で購入した当時の価格の半額を、少々下回るくらいで買い取ってもらえるということです。

iPod mini

iPod miniは、2005年に第2世代が登場しました。販売されてからだいぶ年数は経ちますが、現在でも買取は行われています。一番古いものであっても、100円程度の値段がついており、燃えないゴミとして捨ててしまうよりは、売ったほうがお得です。

音楽を聴くという目的だけを考えてみれば、まだまだiPod miniだって使えますよね。
たしかに画面はtouchほどキレイではありませんが、それが気にならず、コンパクトで良いという人もいますよ。

iPod nano

iPod nanoは第5世代からスクリーンが大きくなりました。現行モデルはtouchディスプレイを採用し、8GBがなくなって16GBのみになりました。中古でよく買取をされているのは第5世代以降です。
第5世代以降の場合は、2,500円以上の値段で買い取られています。
第3世代でも3,000円程度で取引されています。
使わないまま放っておけば何もお金にはなりませんが、売れば数千円になってお得ということです。

iPod shuffle

iPod shuffleはかなり小さく、持ち運びに便利なiPodです。ただ、液晶画面は存在しません。今でも、お店などで音楽を流したい方が利用されます。

現在、iPod shuffle(初代~第4世代)の値段は500円?2,000円くらいの間で買い取られています。もともとの販売価格が低めであることから、それほど高額の買取は期待できないかもしれません。

もちろん、世代が新しく、発売時期が近ければ近いほど値段が上がりやすいので、ケーブルや箱などがすべて揃っているという状態なら、3,000円に到達するかもしれない、くらいに考えておくといいでしょう。

iPod classic

iPod classicは、現在でも人気があるため、意外と買取価格が高いことが特徴です。
特に人気があるのは大容量の160GBのモデルです。写真やビデオを表示でき、フラッシュメモリではなくハードドライブを内蔵しています。

160GBモデルの発売時期は2009年で、もう9年も前になりますが、まだまだ人気です。
相場は、12,000円?25,000円ほどです。箱や、ケーブル、充電器などが揃っていて、なおかつ本体の汚れが少ないと高額買取の対象になることがあります。

iPodの種類や世代ごとの買取相場

iPodを1円でも高く売る方法とは

せっかくiPodを売るなら、1円でも高く売りたいですよね。それでは、どうしたらできるだけ高く売れるのか、順番に見ていきましょう。とはいえ、全く難しいことはないので安心してくださいね。

用意するものは、柔らかい布(メガネなどを拭くための布)です。
100円ショップなどでも売っています。ただし、汚れがあるからといって研磨剤を使ってはいけません(画面に細かい傷が入ってしまう原因になります)。

キレイに掃除・クリーニングを行う

外観をキレイにしましょう。ケースやカバーを装着して使っていたのなら、さほど汚れは気にならないと思いますが、汚れが気になる場合は柔らかい布で優しく拭き取ります。
ある程度拭いて、どうしても取れないものについては、あまり頑張って取ろうとしないほうがいいかもしれません。

クロスがないからといって、タオルやペーパータオルなどの表面が荒いものを使ってはいけません。ボタンの周辺にホコリが溜まっているようであれば、優しくボタンを押して、隙間を拭いていきます。

また、充電口など、外に向かって空いている部分はゴミが溜まりやすくなっています。
エアダスターという、空気の力でホコリを吹き飛ばすアイテムも安価で売っています。
iPodを売るためだけに買う必要はありませんが、今後の家電のお手入れに使うのであれば、一つ買っておいて損はないです。

水に濡らすのはNG!

基本的にiPodは水濡れ厳禁です。
つまり、本当であれば濡れたものは掃除に使ってはいけないのです。

ただし、頑固に固まってしまった古いホコリについては、ウェットティッシュなどで湿らせて取るという方法があります。そこまで固まってしまう前に、普段からケースをつけて使用することをおすすめします。

ちなみに、ついてしまった傷については、残念ながら取る方法はありません。
最近のiPodにはアルミが使われていますが、頑丈な一方で細かい傷が入ってしまうと、なかなか修復は難しいです。

付属品や外箱を揃えておく

付属品や外箱は必ず揃えておいてください。付属品の代表的なものはケーブル類や充電器です。ちょっとしたものですが、これらがあるとないとでは、評価額がかなり違ってきます。

大した手間ではないはずなので、必ず捨てずに保管しておいてください。
保証期限が切れていても、保証書や説明書は念のため取っておいたほうがいいでしょう。

容量が多いものは高く売れる

最初の購入時の値段を思い出してみましょう。容量が多いほど、値段も高かったですよね。 ということで、中古で売却するにしても容量が多ければ多いほど、同一モデルでも高値がつく傾向にあります。iPod classicが未だに何万円もの値段がつくのは、データ容量が多いからという点が一つの理由です。

可能な限り高く売る

せっかくですから、可能な限り、高く売りましょう。本体だけでなく、外観もキレイにしておくことで、評価額UPにもつながりますよ。多くの人は、そこまで手間をかけないので、実践すれば、買い取る側の印象はいいかもしれません。

もし、より高値で売りたいという場合は、iPadやiPhoneなど、関連したApple製品と一緒に査定に出してみてください。交渉しだいで、もうちょっとだけ、買取価格をアップしてもらえるかもしれません。

データをあらかじめ初期化しておく

データは、あらかじめ初期化しておきましょう。
個人情報保護の面でも、工場出荷時の設定に戻しておくことが重要です。

買取先でデータ消去をしてくれる場合もあるのですが、念のため必ず消去してください。
もし、自分が買う側だったら?と考えてみましょう。
前の人のデータが残っていたら、嫌ですよね。

データの消去は、以下の方法で簡単にできます。

必ず実践!データ消去の具体的方法

iPodのデータを完全に消す方法をご紹介します。

iTunesを活用したデータ消去(初期化)方法

iTunesという専用のソフトを使って初期化する方法です。
必要なデータは、必ず事前に取り出すか、バックアップを取っておいてください。

まず、大前提としてiPodのデータや設定を消し、工場出荷当時に戻すことを「復元」と呼んでいます。
以下、「復元」と出たらいわゆる「初期化」のことだと思ってくださいね。

iCloudの設定で、「iPhoneを探す」をオフにしてください。まず、スイッチをオンにした状態のiPod本体とパソコンを、ケーブルでつなぎます。ケーブルでつないだら、iTunesから、iPodを選択し「復元」します。

「工場出荷時の設定に戻してもよろしいですか?」と尋ねてくるので、「復元」をクリックすると工場出荷時の状態に戻ります。

参考:iPhone、iPad、iPod を工場出荷時の設定に復元する

パソコンを持っていない場合は?

パソコンを持っていない場合は、どうすればいいのか?iPod touchの場合は、設定から一般を選択し、リセットを押します。「すべてのコンテンツと設定を消去」を押してください。

数分後に再起動されますが、再起動時にはデータはすべて消えています。
iPod touch以外の場合は、基本的にパソコンを使った復元をすることになります。

パスコードが不明な場合は?

パスコードがわからない場合でも、復元できます。iCloudやiTunesを使っている場合は、通常通り復元すれば大丈夫です。iCloudを使っていない場合や、iTunesも使ったことがないという場合は、通常通りの方法で復元できないので、リカバリモードで復元します。

iTunesをインストールしたパソコンにiPod(この場合はiPod touch)をケーブルでつなぎ、スリープ/スリープ解除ボタンとホームボタンを同時にリカバリモードの画面になるまで押し続けます。

リンゴマークが表示されてもボタンから指を離さずそのまま押していると、リカバリモードで起動されます。すると、パソコン上で「復元」するか「アップデート」するか尋ねてきますので、「復元」を選択してください。
しばらく待つと、「復元」は完了です。

参考:iPhone、iPad、iPod touch のパスコードを忘れた場合や、デバイスを使用できないというメッセージが表示された場合

そもそも電源が入らず、復元作業ができない!

電源が入らない場合は、スリープ、スリープ解除ボタンとホームボタンを10秒以上、一緒に押してリセットします(iPod touchの場合)。それでも電源が入らない場合は、充電してみて、それでもダメなら修理に出すことになります。

初期化は今の段階ではできません。電源が入らないうえに、データが本当に残っているのかは、だいぶ怪しいという状況です。

ちなみに、壊れたiPodでも買取をしているところもあります。
壊れたiPodは、今ご紹介したように、こちらからデータをクリアすることは極めて難しいです。

壊れたiPodを売る場合は、データの消去が完了していないことを了解したうえで、売却してください。壊れたiPodは、多くの場合、ほかのiPodを修理するための部品取り用として活用されます。

誰かにデータを復元される心配はないのか?

iOSには、暗号化技術が使われているので、iOSを使っているiPodの場合は、勝手にデータを復元されてしまうことはそもそも無理なことなのですから、安心してください。

iOS搭載前のiPodについても、基本的にiTunesからiPodの中身を消したのに、消したものを読み取られてしまうことはありません。

水に濡れてしまったiPodは買い取ってもらえる?

iPodは、水濡れ厳禁です。ポケットの中に入れたたまま洗濯をしてしまったという痛恨のミスがたまに聞かれます。買い取ってくれるかどうかは、お店の判断しだいです。

ジャンク品を専門に取り扱っているショップでは、水没故障してしまったiPodなどの買取に応じてくれるところもあります。水没故障してしまったiPodをお持ちの方は、ジャンク品専門のリサイクルショップに連絡を取ってみてください。

処分する場合は、物理的に破壊するのもアリだけど……

処分するなら、iPodを物理的に叩き壊して、燃えないゴミに出すのも、方法としてはアリです。ただ、買取に出せばある程度の値段がつくかもしれませんし、小さいので買取に出すのも手間ではないですよね。

物理的に壊してしまうのも方法の一つではありますが、できれば買取に出してみてはいかがでしょうか。

必ず実践!データ消去の具体的方法

iPodを売るのに最適な依頼方法は?3つの買取手段

それでは、iPodを買取に出してみましょう!買取方法にはおもに、店頭・出張・宅配の3つの買取方法があります。それぞれのメリットとデメリットを、順番にご紹介します。

店頭買取の流れとメリット・デメリット

従来の買取スタイルです。メリットは、営業時間内であれば好きなタイミングでお店に持ち込むことができることと、その場で買取金額を支払ってもらえることです。

特にiPodはかさばらないので、何かのついでにさっとお店に立ち寄り、買い取ってもらうということも十分可能です。デメリットとしては、お店に直接出向かないといけないため、ある程度時間に余裕がないと行きづらいという点です。もし、買取で前に人が待っていたら、順番を待たなければなりません。急ぎの時は辛いですよね。

また、近所にリサイクルショップがない方、小さい子供がいてお店に行きづらい方も難しいかもしれません。その場合は、宅配買取や出張買取を利用すると便利ですよ。

店頭買取の流れをご紹介します。まず、お店にiPodを持っていき、値段を査定してもらいます。その際には必ず付属品を一式持っていきましょう(あればベストですが、なくても買取自体は可能です)。値段に納得したら、買取代金と引き換えにiPodをお店に渡します。

出張買取の流れとメリット・デメリット

出張買取のメリットは、自分からお店に行かなくても買い取ってもらえるということです。 予約をして、家で待てばいいだけなので、楽チンですね。

また、買取代金はその場で手渡ししてもらえます。
お店が遠く、なかなかいけないという方や、ほかの大きい品物があって自分では運べないが、この際iPodと一緒に売ってしまいたいという方におすすめです。iPodは小さいので、わざわざ出張してきてもらうほどでもないという場合は、ほかに売りたい大きいものがある時に、ほかの品とまとめて査定してもらうといいですよ。

デメリットは、家の場所がわかってしまう、家の中を見られるかもと心配してしまうということです。もちろん、良識的なリサイクルショップが多数派ではあるのですが、女性の一人暮らしなど、心配だと思ってしまう方も多いかもしれません。

その際は、ご友人やご家族など、誰か一緒にいてもらえると安心です。また、業者によっては出張代がかかることがあります。買取金額から差し引いたり、別途出張代を請求することもあるので、よくショップの説明書きを読みましょう。

出張買取の流れは、まずリサイクルショップに電話をして予約を取ります。あとは指定の時間に、指定の場所(多くは自宅です)で待つだけです。買取スタッフが来て、品物を査定してくれます。

その際、尋ねられることがあれば、答えるようにしましょう(「付属品はありませんか?」「いつ頃買いましたか?」など)。査定金額が出て、納得したらその場で現金をもらいます。

宅配買取の流れとメリット・デメリット

宅配買取のメリットは、宅配便を使った買取のため、お店で顔を合わせなくて済むという点です。実は売るものがもらいものだった時など、「万が一、くれた人に会ってしまったら…」など、なんとなく顔を合わせづらい時がありますよね。

また、宅配買取の場合はショップを全国各地から選べます。
あらかじめ査定を依頼してみて、全国各地のお店から一番高く売れそうなところへ依頼できますよ。お店の営業時間に関係なく送れるので、時間を気にすることもありません。

デメリットは、宅配便を使うので、比較的小さいものしか送れないということです。
大きい家電などを一緒に売るのは、難しいでしょう。

また、本人確認書類や、口座番号を書いた書類を出すので、個人情報を書くのに抵抗があるという方もいらっしゃいます。ただし、現在はどのリサイクルショップも個人情報の取り扱いには厳重になっています。安心して依頼してください。

宅配買取の流れは、まずショップに買取を申し込みます。
ショップから送られてきた買取キットを使うか、そのまま手持ちの箱などに入れて、ショップに品物を送ります。

買取代金の振込み先のわかる書類(口座番号の書いてある申し込み用紙など)と、本人確認書類が必要です。
集荷は日時を決めてショップに依頼するか、宅配業者に依頼します。
品物を送ったら、数日以内に買取代金が指定口座に振り込まれ、完了です。

iPodの買取に関するQ&A

iPodの買取に関するあらゆる疑問にお答えします!

壊れて動かなくても買取は可能?

大丈夫です!
まずは買取査定に出してみてください。

壊れて動かないものでも、買い取ってもらえることがあります。
画面が割れていても、動かなくても買い取ってもらえるのは、iPodの部品取り用として需要があるためです。
きちんと動くものよりは値段は下がってしまいますが、ゴミになってしまうよりもいいですよね。

パスコードがわからないので、起動できない

パスコードがわからない場合でも、パソコンがあればリカバリモードで復元できます。
「パスコードがわからないし、今後も使えないだろう」とがっかりしないでください。

手元にパソコンがない場合は、Appleストアなどでも対応してもらえますが、買取してくれるお店に相談してもいいでしょう。
お店側で復元できることもあります。

データ消去がめんどくさい・・・

データ消去がちょっと手間でも、iPod touchの場合は画面上からすぐに消去できるので試してみることをおすすめします。
もし手元にパソコンもない、本体はiPod touchではない、という場合はお店に相談してみてください。
お店側で復元を行ってくれる場合があります。

古い世代のiPodでも買取可能?

買取価格は古いiPodの場合は全体的に安価な傾向にありますが、買い取ってもらえます。
古くても、iPod classicの場合はまだまだ比較的高価な値段がつきます。

買い取ってもらえなかったら・・・?

買い取ってもらえない場合は、お店に処分を依頼するか、不燃物として捨ててください。
ただし、一つのお店で買い取ってもらえなくても、ほかのお店では部品取り用として買い取ってもらえるかもしれません。
ジャンク品として再度、ほかのお店で査定してもらってはいかがでしょうか。

金額が気にいらなかったら断れる?

もちろん、金額に納得がいかなければ断ってください。
出張買取の場合は買取をしてもしなくても、出張代がかかることがあります。
宅配買取だと、返送料が無料のところと、有料のところがあるので確認してください。

まとめ

使わず眠っているiPodがあれば、買取査定に出して、お金にかえましょう。
iPodはこれまでさまざまなモデルが出ていますが、2009年に発売されたiPod classicを始め、古くてもまだまだ人気のある品です。

データの消去が面倒だからと、そのままゴミに捨ててしまうのはもったいないです!
あなたの不要なiPodを欲しいと思っている人もいます。
お金にできるものは可能な限り売却して、次の欲しい人に使ってもらいましょう。

本記事は、2017年05月23日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。