エアコンを高く売る条件は?買取ノウハウと売却手順を公開

カテゴリ:

不要になったエアコンを処分する際、「まだ使えるから捨てるのはもったいない・・・」と感じた経験がある方は多いのではないでしょうか。

エアコンを処分するには、室内機・室外機の取り外しに費用が発生するだけでなく、引き取りにも費用が必要となるのが一般的です。

今回は、不要なエアコンの処分費用を賢く節約できる、買取ノウハウについてご紹介します。ご自宅のエアコンを確認して、少しでも高値で売却できるように工夫してみてください。

※POINT
エアコンの取り外し費用は一般的に、6,000~10,000円の範囲が相場ですが、地域によってはもっと高くなる場合もありますし、追加料金が発生すればさらに上乗せになります。同時に処分もお願いするなら、リサイクル料金に収集運搬費用も必要です。

少しでもお金を浮かせるためにも、エアコンを売ることを検討してみましょう。

エアコンの買取ノウハウ…高価買取の条件とは

エアコンの高価買取を望むなら、まず自宅にあるエアコンの基本的な特徴を知っておかなければいけません。それを踏まえたうえで、より高く買い取ってもらうための工夫を実践していきましょう。

最適な状態で見積もりを取れれば、最高値で買い取ってくれる業者もスムーズに見つけられるはずです。ここでは、エアコンを買取に出す前のチェック項目や、お手入れ方法、知っていればより高値を期待できるアドバイスをご紹介します。

エアコンの買取価格に影響する要素

エアコンの買取価格は、品番や製造年数はもちろん、汚れの蓄積具合や付属品の有無によっても変動します。買取価格に影響する要素にはどのようなものがあるのか、以下で見ていきましょう。

・品番(型番)
室内機の本体に張られたステッカーに記載の品番をチェックします。認知度の高い人気のモデルや型番は、時期を問わず安定した需要があるため、高値となるケースが多いのが特徴です。

・年数(製造年)
一般的に、製造から5年以内のエアコンは優先的に買取される機種と言えます。たとえ二流のメーカーや流通が少ない型番だったとしても、製造年が若ければ買取を依頼してみるのがおすすめです。

・汚れ
室内機に黄ばみや変色、カビなどが見られると、買取価格が大きく下がってしまいます。また、室外機に目立つような傷や錆がないかも重要な要素です。

・臭い
タバコやペットの臭いが染みついていると、それだけで買取価格が下がる恐れがあります。一度ついてしまった臭いは業者によるクリーニングによってなくすこともできますが、1台あたり10,000~20,000円の費用が必要となります。

・取付状況
室外機をバルコニー以外の高所(屋根や壁など)に設置していたり、室内機から離れた場所に配管ホースを用いて設置したりしている場合は、取り外しに特別な作業が必要となるため買取価格も下がる恐れがあります。

・付属品
保証期間内である場合は、メーカー保証書の有無によって買取価格が変動します。また、リモコンや取り扱い説明書など、基本的な付属品の有無も買取価格に影響します。

・容量
容量とは、何畳用エアコンなのかというエアコンそのものの馬力を指します。一般的に、容量が大きいほど買取価格も高くなる傾向があります。

エアコンの高価買取の条件

より高価買取をしてもらうためには、上記の要素を踏まえた条件を事前にチェックしておくのが大切です。以下のチェック項目を参考に、自宅のエアコンと照らし合わせてください。

・人気の型番かどうか(メーカーも要確認)
・製造が5年以内かどうか
・喫煙者の有無
・ペットの有無
・室外機の設置場所(配管ホースの有無)
・保証書やリモコン、取り扱い説明書など、付属品の有無

エアコンを処分する際の費用

家電リサイクル法により、エアコンの処分にはリサイクル料金が発生します。処分の方法は大きく分けて引き取りを行っている業者に依頼するか、各自で指定処分場所へ持ち込む方法があり、それぞれ料金が異なります。

業者に依頼する場合は、主にリサイクル業者や家電量販店を利用できますが、エアコンの取り外し・リサイクル料金とは別途、収集・運搬料金が加算されるため、費用がかさんでしまう傾向があります。

各業者に処分を依頼した際は、6,800円以上の費用が必要となるのが一般的です。一方、家電量販店では最低2,000円前後の費用で引き取ってもらえますが、上述の通り、収集・運搬によって費用が高くなるので注意が必要です。

指定場所に持ち込んで処分する場合は、リサイクル料金を事前に支払う必要があり、その費用は一般的なメーカーであれば1,404円が相場となっています(平成27年4月時点)。

エアコンの掃除方法

定期的にフィルターの掃除をしている方は多いかもしれませんが、実はエアコン内部にも多くの汚れが蓄積しています。

内部の掃除を行うには、ホームセンターなどで販売されているエアコン専用のカビ取りスプレーと洗浄に用いる水を入れた霧吹きボトル、細かな部分の掃除に適したブラシやスポンジ、ブルーシートやゴミ袋、ポリバケツを用意しましょう。

大まかな手順としては、

1.大きな汚れ落とし
2.スプレー剤の塗布
3.細かな汚れ落とし
4.洗浄
5.乾燥

の5ステップなので、一般的なカビ取り掃除などと変わりなく、誰でも実践できます。

まず、室内機前面のカバーを開け、フィルターや吹き出し口部品などを取り外すと、埃やカビで汚れた室内機内部の状態を確認できます。掃除を開始する前の準備としては、埃やカビ、汚れたスプレー液が室内に垂れるのを防ぐため、ブルーシートやバケツを設置しておくのが大切です。

また、汚れたフィン部分に埃が詰まっている場合はスプレーをかける前に可能な限り取り除き、スプレーの効果を十分に発揮できるようにしましょう。

下準備が済んだら、残ったカビや細かな塵にスプレーをかけ、スプレーが浸透するのを待ちます。スプレーが内部へ十分に行き渡ったら、ブラシやスポンジを用いて根気よく丁寧に汚れを落としていきます。この時、汚れたスプレー液が腕を伝って衣類に付着しないよう注意してください。

内部の汚れを十分に落とせたら、霧吹きで繰り返し水を吹きかけ、スプレー剤を洗い流します。最後は、自然乾燥もしくは送風モードで内部の水気を乾かせば、エアコン掃除の完了です。

中古エアコンを買い取ってくれる場所

中古エアコンの買取を行っているのは、主に街のリサイクルショップやエアコン専門ショップです。リサイクルショップは、エアコンを取り扱っていない店舗もあるので、買取前は忘れずに確認をしてください。

一方、エアコン専門ショップの場合は、取り外し作業を行う工事業者と連携がある場合がほとんどです。事前申し込みや問い合わせが面倒な方は、エアコン専門ショップへ依頼すると買取に必要な作業や査定を一任できるというメリットがあります。ただし、買取価格から差し引かれたり、別途費用が発生する場合もあるので注意してください。

リサイクルショップへエアコン・クーラーの買取を依頼する場合はこちら
最大20社のリサイクルショップへ買取依頼ができます!

売却する時期について

近年、エアコンは秋口に年一度のモデルチェンジがあると言われています。一般的に、モデルが古くなるほど買取価格も下がってしまうため、可能であればモデルチェンジ前の売却が理想的です。

また、年間を通して考えると、夏場は最もエアコン需要が大きくなる時期だと言えます。需要が高まる夏場に向けて買取依頼を出せれば、そのほかの時期に比べて高価で売却できるかもしれません。

自宅のエアコンが人気のメーカーやモデルなら、なおさら夏場が最も高価買取を期待できると言えるので、タイミングを見て買取依頼を出すのがおすすめです。

日本の主要メーカー別買取情報

エアコンの様々な状態が買取価格に影響を与えるのに加えて、もちろんメーカーの違いによっても買取価格は変動します。ここからは、主要メーカー別の買取情報について詳しくご紹介します。

現在、国内で販売されているエアコンの主要メーカーは、下記でご紹介する7メーカーです。メーカーごとに異なる特徴や実際の買取価格を参考に、自宅のエアコンと比較していきましょう。

ダイキン

代表モデル:うるるとさらら『うるさら7』(Rシリーズ)
他メーカーにはない加湿機能を備えていたり、独自の技術でエアコン内のカビや臭いの元となる菌を分解・除去できるのがダイキン製エアコンの特徴です。

最上位モデルのRシリーズに続いてA、F、C、Eの各シリーズ、寒冷地向けDX、KXシリーズが販売されていますが、気になる買取価格は2015年製のRシリーズうるさらで40,000円、2016年製のAシリーズで15,000円の買取実例があります。いずれも非常に良い状態での買取価格ですが、やや状態が下がると同じAシリーズでも6,800円まで買取価格が下がってしまう場合もあります。

パナソニック

代表モデル:Eolia(エオリア)
ナノイー(ナノレベルの細かなイオン)を空気中に放出できる機能を備えているのがパナソニック製エアコンの特徴です。ナノイー機能を搭載していないモデルもありますが、パナソニックではWX、X、SXの上位モデルシリーズに続いてEX、GX、J、Fシリーズと、全7つのシリーズがあります。

エネやお掃除ロボット、温冷感センサーなど、シリーズごとに異なる特徴があるため、重要視する機能を搭載したモデルを選びやすいのもパナソニックの特徴です。気になる買取価格は、Fシリーズの2016年製で25,000円、2015年製で15,000円の実績があり、いずれも非常に良い状態のものです。状態が下がると、2009年製のもので1,000円、2010年製のもので4,000円と低価格での買取となる場合があります。

日立

代表モデル:白くまくん
室内機の構造にステンレスを用いて防カビ性、防汚性を高めているのが日立製エアコンの特徴です。また、室内にいる人の温度や物の配置を認識できる温度カメラ、画像カメラが搭載されており、人の体温を一定に保てるよう温度や風向きをコントロールしながら運転できる特徴を持ちます。

日立では最上位モデルのXシリーズに続いてE・EL、W、Dの全4つのシリーズがあり、気になる買取価格は2014年製の上位モデルで45,000円、2014年製のもので22,500円の実例があります。どちらも非常に状態の良いものですが、状態がやや悪くても人気のモデルなら2013年製で3,000円~10,000円と高価買取に繋がる場合があります。

三菱

代表モデル:霧ヶ峰
距離や間取り、人の体感温度を0.1℃単位で認識できる優れたセンサー機能を持つのが三菱電機製エアコンの特徴です。ムーブアイと呼ばれるこの機能は、他メーカー製のエアコンにはない微調節や、細かな吹き分けが可能となっています。

上位モデルのFZシリーズに続き、FL、Z、X、L、P、GEといったシリーズを販売する三菱電機製エアコンの気になる買取価格は、状態の良い2013年製のもので20,000円前後の買取実例があります。また、やや難ありで状態が悪いものでも3,000円の買取実例があります。

富士通

代表モデル:ノクリア
他メーカーにはない斬新な室内機のデザインをしており、エアコン両サイドからの吹き出し口を設けているのが富士通ゼネラル製エアコンの特徴です。

最上位モデルのノクリアXに続き、ノクリアZS、ノクリアGS、R、Cの全5シリーズを販売する富士通ゼネラル製エアコンの気になる買取価格は、高いものでノクリアZSシリーズと同等の2015年製モデルが60,000円、2009年~2012年製のものでも20,000円前後の買取実例があります。

シャープ

代表モデル:プラズマクラスター搭載モデル
自然界に存在するイオンを利用して空気中の菌やウイルスの働きを抑える、プラズマクラスター機能が搭載されているのがシャープ製エアコンの特徴です。2017年発売の新シリーズではG-X、G-H、G-D、G-Sの4モデル、2016年発売のシリーズにはF-X、F-V、F-D、F-S、F-K、F-E(寒冷地用)の6モデルがあり、現行モデルとしては全10種類のシリーズがあります。

気になる買取価格は、やや状態が悪いものでも2011年製で26,000円と高価買取の実例があり、モデルにもよりますが2012年製で8,000円、2014年製で10,000~14,000円ほどの価格となる傾向があります。

東芝

代表モデル:PM2.5対応モデル
他メーカーと比較して、東芝製エアコンの多くはPM2.5に対する機能を多く備えているのが特徴です。また、静電気のプラズマを利用して花粉や埃、カビやウイルスなどあらゆる菌に機能を発揮でき、空気清浄のみの運転ができる点も特徴の1つです。

DR、R、DRNの全3シリーズを販売する東芝製エアコンの気になる買取価格は、2013年製のもので24,000円前後、2011~2012年製のもので6,000~8,000円ほどの買取実例があります。

コロナ

代表モデル:Wシリーズ
東北以北の寒冷地電力会社が推奨する暖房エアコンが充実しているのがコロナ製エアコンの特徴です。パワフルな暖房機能を備えたWシリーズをはじめ、基本機能が備わったNシリーズ、冷房専用シリーズ、住宅設備用Bシリーズと、大きく分けて全4つのシリーズが販売されています。

気になる買取価格は、2014年製で10,000円前後、2013年製冷房専用モデルで7,000円の買取実例があります。また、床置き式のウインドウエアコンなら5,000~10,000円ほどで買い取ってもらえる場合もあります。

エアコン売却・買取Q&A

エアコン売却・買取を検討するにあたり、わからないことってありますよね。しかし、そのような疑問点を何でも業者に尋ねれば、「知識がないと知られたら査定時に足元を見られてしまうかも・・・」と不安を感じる方も多いのではないでしょうか。

ここでは、エアコン売却・買取前に多くの方が気になるポイントや、知っておくべき知識について詳しくご紹介します。

室外機も買取対象?

エアコンの買取を依頼する際は、室内機・室外機ともにセットで依頼するのが基本となります。そのため、どんなに室内機の状態が良くても、室外機に著しい汚れや錆があれば買取価格は下がってしまいます。

また、室内機同様、室外機に破損・故障などがあれば買取を断られてしまうケースもあるので、査定前によく確認しておきましょう。

取り外しはどうする?

エアコン売却を検討する際、「査定前にエアコンを取り外しておいた方が良いのでは?」と思う方も多いかもしれませんが、取り外しは必ず査定後に行ってください。万が一、買取業者の査定日より前にエアコンを取り外してしまうと、査定当日に動作確認や状態のチェックができなくなってしまうため、買取を断られてしまうケースがあります。

エアコンの取り外し作業は一般的に、買取を依頼する業者に頼むか、エアコン設置・取り外しの専門業者に各自で依頼を出すかの2つの方法があります。いずれも業者によって作業にかかる費用が異なるため、事前に何社かチェックしておくのが大切です。中には、買取依頼を出す際に取り外しを無料で行ってくれる業者もあるので、自身が住んでいるエリアにそのような業者がないか探してみるのもおすすめです。

エアコンを売るなら5年以内?

一般的に、高価買取を期待できるのは製造から5年以内のエアコンに限られています。業務用エアコンや上位モデル、大容量モデルなどのように例外もありますが、多くの業者では5年以内に製造されたエアコンを主として買取業務を行っています。

中には、製造から5年以上経ったものでも買取してくれる業者もいれば、買取拒否を謳う業者もいます。そのため、自宅のエアコンが古い場合はより細かな業者選び・比較を行ってください。業者ごとに異なる「買取対象エアコン」、「買取非対象エアコン」をよく確認しましょう。

エアコンの種類による注意点

エアコンには、大きく分けて以下の4つの種類があります。それぞれの特徴や名前を知って、自宅のエアコンがどのタイプに分類されるか把握してください。買取依頼を出す際は、買取業者へ正しい情報を伝えられないと査定に時間がかかったり、後から買取を断られてしまう場合もあるので注意が必要です。

・壁掛け型
一般家庭でよく見られるエアコンを壁掛け型といい、室内機を壁の高い位置に設置するタイプのエアコンです。高い位置から部屋全体に風を行き渡らせることができるので、部屋を瞬時に快適な温度にしやすく、一年を通して高い需要があります。

壁掛け型エアコンの買取方法は、リサイクルショップやエアコン専門業者への出張買取依頼、もしくは持ち込みが一般的です。

・床置き式
床置き式エアコンとは、窓用エアコンのように床に置いた状態で室内や特定の場所へ向けて風を送るエアコンです。生活スペースの一部に設置するため、最低限のスペースが必要となる反面、必要に応じて移動できる点が魅力です。

床置き式エアコンとは、窓用エアコンのように床に置いた状態で室内や特定の場所へ向けて風を送るエアコンです。生活スペースの一部に設置するため、最低限のスペースが必要となる反面、必要に応じて移動できる点が魅力です。

また、工事不要で購入後すぐに使用できる点も人気の理由となっています。床置き式エアコンの買取方法は、壁掛け型エアコンと同様にリサイクルショップやエアコン専門業者への依頼、持ち込みが一般的です。

床置き式エアコンの買取実績が多い業者なら、状態に見合った適切な価格で買い取ってくれる場合が多いです。

・壁埋め込み式
壁掛け型エアコンをさらにすっきり見せるために用いられるのが、壁埋め込み式エアコンです。壁埋め込み式の多くは住宅設計時にエアコンを設置する壁面を決めたうえで工事・設置されているため、部屋の見栄えが良い反面、買い替え時の使い回しや売却に対応していないのが難点です。

・ビルトイン(天井)タイプ
天井に埋め込むように設置されたエアコンをビルトインタイプと言います。オフィスや飲食店、各種店舗で多く見かけられ、その多くが業務用エアコンとして販売されているモデルです。

一見、壁埋め込み式エアコンと同様、買い替えや売却が困難なようにも感じられますが、ビルトインタイプなら買い替えや売却もできます。買取方法としては、ビルトインタイプを買取対象に含めている買取業者への依頼が一般的です。

買取方法はどうなる?

エアコン売却の準備を整えていくうえで決めなければならないのが、エアコンをどのように買い取ってもらうかです。エアコンの買取方法は、大きく分けて出張・宅配・店頭の3つの方法があるので、自身の都合や希望に合った方法を選ぶようにしてください。

ここでは、各買取方法の流れや特徴、人気のオンライン査定について詳しく解説します。

出張買取

出張買取とは、事前申し込みを行えば、都合の良い日に1日で査定・取り外し・買取を行ってもらえる買取方法です。事前にエアコンの型番や状態を簡単に伝え、日程を組んでおくだけで業者が自宅へ来てくれるので、忙しく家から出られない方などにおすすめです。

ただし、買取価格としては出張料金や買い取ったエアコンの運搬料金などが差し引かれたり、別途支払いが必要なケースもあるので注意が必要です。また、当日に準備しておくものとして、本人確認のための身分証明書(運転免許証や保険証など)があります。

宅配買取

宅配買取とは、出張買取と同様、忙しく時間が取れない方におすすめの買取方法です。流れとしては、事前にエアコンの型番や状態を伝え、大まかな査定額を知らされたら各自で梱包・発送(着払い)を行います。宅配買取では、指定された宛先にエアコン一式と振込先情報、本人確認書類のコピーを送り、本査定が終了したら買取金額を銀行に振り込んでもらう流れとなります。

出張買取とは異なり、査定額が事前に聞かされていたものから前後する可能性があるので、買取価格に強い希望を持っている場合はあまりおすすめできません。また、万が一、本査定で決まった買取価格に納得がいかない場合は、各自送料負担でエアコンの返送を依頼しなければいけないので注意が必要です。

店頭買取

店頭買取とは、店舗へエアコンを持ち込み、その場で買い取ってもらう買取方法です。他の買取方法のように運搬料金や万が一の際の送料などが発生しない反面、自身でエアコンを運ぶため、近場に店舗がある方に限られる買取方法とも言えます。

しかし、店頭買取は申し込み~買取、支払いまでが他の方法に比べてスピーディーなので、急いでエアコンを売却したい方にはおすすめの買取方法です。

オンライン査定について

各買取方法の流れや特徴を知って、「業者ごとに違う買取価格を比較したい場合は?」と感じた方も多いのではないでしょうか?そんな時、活用できるのが各業者のホームページにあるオンライン査定です。

オンライン査定では、業者ホームページ上の入力フォームで住所や氏名、連絡先、エアコンの大まかな情報を入力して送信します。すると、入力した連絡先に査定金額についての連絡が入るため、売りたいエアコンの買取価格相場を簡単に知ることができます。

これを、いくつかの業者のホームページで同時に行っておけば、1社1社連絡する手間を省いて手軽に買取価格の比較ができるのでおすすめです。

リサイクルショップへエアコン・クーラーの買取を依頼する場合はこちら
最大20社のリサイクルショップへ買取依頼ができます!

エアコンの型番の確認方法

一般的な家庭用エアコンの多くは、室内機底面のステッカーもしくは側面のステッカーに型番が記載されています。このステッカーには、型番のほかに容量や消費電力など多くの情報が記載されていますが、型番を探す際は一番大きく書かれている文字列や太字の文字列を探すと良いでしょう。

ちなみに、型番の頭文字にはメーカーごとに異なるアルファベット列が使われている場合が多く、たとえば、ダイキンならAN~やS~、日立ならRAS~、富士通ゼネラルならAS~のように特徴があります。続く文字列には、多くの場合シリーズを表すアルファベットや数字が並んでいるので、慣れてくれば一目で型番を見つけられるようになります。

また、室外機やリモコンにもそれぞれの型番が記載されています。エアコンの型番を買取業者に伝える際は、誤った型番を伝えてしまわないよう注意してください。

まとめ

不要になったエアコンでも、型番や状態によっては想像以上に高価買取をしてもらえるエアコンも多くあるので、この機会にエアコンの買取・売却を検討してみてください。

処分費用を支払うことなく不要なエアコンを処分できれば、お部屋も気持ちもすっきりさせられますよ。

本記事は、2017年02月27日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。