エアコンやテレビなど、家電リサイクル法の対象商品や金額

カテゴリ:

私たちの家庭から排出される家電製品は年間約65万t。その内、「都市鉱山」と呼ばれる有用な金属は、28万tだそうです。 そのため、家電リサイクル法や小型リサイクル法 ができました。この法律を活用すれば、資源を再利用し、有害物質が環境を汚染することもなくなります。

ここでは、この2つの法律に焦点を当て、活用するのに必要な情報をお伝えします。

家電リサイクル法の対象商品

1、エアコン(リモコン、室外機も含む)
2、テレビ(ブラウン管、液晶、プラズマ、ラジカセ一体型含む)
3、冷蔵庫、冷凍庫(保冷庫、冷温庫も含む)
4、洗濯機、衣類乾燥機(ガス衣類乾燥機も含む)

これら4つの家電を回収してもらうには、リサイクル料金(メーカーによって異なる)+収集・運搬料金(小売業者によって異なる)が発生します。

リサイクル料金は、家電リサイクル券 を購入することによって支払います。家電を購入、買い替えする時に店頭で支払うか、郵便局に備え付きの振込用紙で支払い、直接指定取引場所に自分で持ち込むかを選べます。収集・運搬費用は指定取引所までの費用なので、郵便局で支払う場合は収集・運搬費用は発生しません。

↓↓リサイクル料金の一例 経済産業省のHP:家電リサイクル法の仕組みから引用

エアコン 1,404円から
テレビ ブラウン管(15型以下) 1,836円から
ブラウン管(16型以上) 2,916円から
液晶・プラズマ(15型以下) 1,836円から
液晶・プラズマ(16型以上) 2,916円から
冷蔵庫・冷凍庫 170L以下 3,672円から
171L以上 4,644円から
洗濯機・衣類乾燥機 2,484円から

(参考リンク)経済産業省 家電リサイクル法の仕組み

小売業者の収集・運搬料金の平均設定金額(2013年度)

<買い替えの場合>

量販店 地域小売店
エアコン 656円 エアコン 2,464円
ブラウン管テレビ 644円 ブラウン管テレビ 2,026円
冷蔵庫・冷凍庫 688円 冷蔵庫・冷凍庫 2,632円
洗濯機 644円 洗濯機 2,047円

<回収のみの場合>

量販店 地域小売店
エアコン 2,438円 エアコン 2,922円
ブラウン管テレビ 2,321円 ブラウン管テレビ 2,451円
冷蔵庫・冷凍庫 2,458円 冷蔵庫・冷凍庫 3,086円
洗濯機 2,319円 洗濯機 2,471円

対象外となるもの

4品目の中から、家電リサイクル法の対象にならない品を挙げます。

エアコン 天井型埋め込み形のエアコン、壁埋め込み型のエアコン、天吊り型セパレート型のエアコン、ウィンドファン、冷風機、除湿器、パッケージエアコン、業務用エアコン
テレビ ディスプレイモニター(チューナー無し)、パソコン用ディスプレイ(チューナー付き含む)、プロジェクションテレビ、電池を使用するテレビ、携帯用液晶テレビ、AC電源アダプターなどによる充電式、シガーライターアダプター式、建物に組み込まれたテレビ、業務用テレビ
冷蔵庫・冷凍庫 業務用保冷庫、保冷米びつ、ショーケース(店舗用)、冷凍ストッカー(店舗用)
洗濯機、衣類乾燥機 衣類乾燥機能付き布団乾燥機、衣類乾燥機能付きハンガーかけ、衣類乾燥機能付き換気扇、衣類乾燥機能付き除湿器、衣類乾燥機能付きハンガー

小型家電リサイクル法の対象分類

小型家電リサイクル法における対象品目は、

1.家庭で通常使用される電気機器器具
2.収集運搬が効率的にできる
3.経済面で大きな制約のないもの

このように定められています。

たとえば、携帯電話、デジタルカメラ、電子レンジ、電気照明器具、電気カミソリなど、通信や照明、台所の家電など、多岐に渡ります。これらの対象品目は市町村が決めていますから、排出したいものがあればお住まいの市町村に問い合わせてください。回収方法、費用も市町村によって異なります。

特定対象品目とは?

小型家電リサイクル法の対象品目の中から、資源として価値が高く分別しやすく、かつ通常のケースでは無償で回収できる品を特定対象品目と定めています。大まかな特定対象品目を挙げてみます。

パソコン、携帯電話、電話機、ファクシミリ、ラジオ、カメラ類、映像用機器類(DVDプレーヤー等)、音響機器類(MDプレーヤー等)、補助記憶装置類(ハードディスク等)、電子書籍端末、電子辞書、電卓、電子血圧計、電子体温計、理容機器類(ドライヤー等)、懐中電灯、時計、ゲーム機器、カー用品類(カーナビ等)、これらの付属品類(充電器等)

まとめ

手間とお金がかかってしまいますが、リサイクル法は人と家電と環境に優しい法律です。ぜひ、活用してください!

本記事は、2016年09月23日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。