ケース別、テレビのリサイクル・回収料金

カテゴリ:

テレビは通常のゴミと違って、そのままゴミ集積所に捨てるのはNGです!今回は、テレビを廃棄するのにかかる料金についてご紹介します。

家電リサイクル受付センターに依頼する場合

テレビは、様々な電子部品で作られており、貴重な金属はリサイクルされます。テレビはブラウン管式・液晶式・プラズマ式テレビなどがありますが、いずれも通常のゴミとしては回収してもらえません。一例として、「搬出もリサイクルも全て公共の施設にお願いしたい」というケースを考えてみましょう。

江戸川区の場合、収集とリサイクルを家電リサイクル受付センターに依頼します。リサイクル料金と運搬料金を家電リサイクル受付センターに支払い、収集してもらうことになります。値段はテレビで4,436円~5,036円(ブラウン管式・液晶式・プラズマ式テレビ15型以下。リサイクル料金と収集運搬料金の合計額)とされており、日曜・祝日の場合は割増料金になります。
もし、家に数台テレビがある場合には、それぞれに料金がかかってしまいます。2台処分したい場合、場合によっては処分するだけで1万円を超えてしまいます。

中間集積所に自分で持ち込む場合

次に、中間集積所に自分で持ち込むケースを考えてみます。同じく江戸川区の場合は、中間集積所に持ち込む時はまず集積業者と直接連絡を取って日時を決め、持っていきます。家電リサイクル受付センターに収集からお願いするよりは安く付き、3,936円~4,036円(ブラウン管式・液晶式・プラズマ式テレビ15型以下。リサイクル料金と運搬料金の合計額)を払います。

ちなみに、指定引取場所に自分で持ち込む場合は、リサイクル料金のみがかかります。ブラウン管式・液晶式・プラズマ式テレビ15型以下では、リサイクル料金は1,836円です。

料金郵便局振込方式とは

リサイクル料金を郵便局で事前に振り込む方法です。郵便局に備え付けの家電リサイクル券を使い郵便局から振り込むと、家電リサイクル券センターを通じて製造業者などにリサイクル料金が支払われます。

家電リサイクル券の有効期限は、郵便局で振り込んだ日の翌日から10年間です。実際に、テレビを廃棄する時はリサイクル券を提示して、小売業者や自治体に引き取ってもらいます。

引取時に収集・運搬料金を支払います。料金郵便局振込方式は、事前にリサイクル料金部分だけを支払っておくという方法です。処分にかかる合計金額は、家電リサイクル受付センターに依頼する場合と同じです。

無料でテレビを処分するには?

テレビを処分したいだけなのに、回収するにはリサイクル料金がかかってしまうなんて、もったいないですね。無料でテレビを処分するには、誰か使う人に譲渡することも考えられますが、あげる相手を見つけるのが大変。そこで、リサイクル業者に引き取ってもらうと、処分費用が0円になったり、場合によっては買取金額が付くこともあります。

まとめ

自治体のリサイクル制度を使うと、処分費用がかかってしまいます。数台持ちの方は、処分するだけで何万円もかかってしまうこともあります。もったいないですね。リサイクル業者に引き取ってもらうと、処分費用を0円にできるかもしれません!テレビを処分する時は、リサイクル業者への売却も検討してみましょう!

本記事は、2016年09月23日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。