リサイクルショップで冷蔵庫の買取・引き取り、相場はいくら?

カテゴリ:

転勤や結婚など、さまざまな理由から自宅の冷蔵庫が不要になってしまったというケースが多々あります。まだ使えるけれど、大きな容量の冷蔵庫に買い替えたいという希望が湧くこともありますよね。ここでは、冷蔵庫のリサイクルや買取についてまとめてみました。

リサイクルショップへの依頼方法

自力で搬入することが難しい大型家電の冷蔵庫。手放す必要が生じたとき、まずはリサイクルショップに買取の依頼をおすすめします。リサイクルショップには電話やインターネット上からアポイントを取るのがスムーズです。

・メーカーと型式
・製造年式
・ドアの数と本体の色

これらの情報をあらかじめ伝えます。買取希望の旨と自宅から引き取ってもらえるかどうかを問い合わせます。家電販売に強いリサイクルショップを選ぶと良いですね。ただし、マンションなどの高層階や2階以上に冷蔵庫があり、エレベーターがない住居に対しては買取どころか引取手数料が発生する場合が考えられますので注意が必要です。

高価買取のポイント

冷蔵庫は条件がそろうと高価買取が叶います。少しでも高く買い取ってもらうためにはタイミングも必要です。ここでは高価買取のポイントをお知らせします。

・製造年から5年以内の製品
・国内有名メーカーの製品であること(海外メーカーの日本向け製品は値段が付かない可能性大)
・400リットル代の冷蔵庫であること
・ドア数が多く自動製氷機能があるなどハイスペックであること
・多く出回っている色よりも青やピンクなどレア色であること
・臭いがなく、庫内の清掃が行き届いていること
・手放す季節は初夏~夏にかけて

これらの条件を見ると「ハイスペックで新しいタイプの冷蔵庫」が高く売れることがわかります。どんな家電にも当てはまることですが、スペックが高い商品であることは必須条件です。夏場はリサイクルショップでも冷蔵庫のニーズが高まるので、シーズン直前からシーズン中は高価買取が期待できます。

ただし、超大型の冷蔵庫はショップでも在庫になることを避けるため、買取を断ることがあります。

買取金額の相場

買取金額の相場が気になるところです。単身向けの小さなサイズのものでは、どんなに年式が新しくとも2千円前後での買取が相場です。ニーズが多い400リットル代のサイズであれば相場はぐんと跳ね上がります。製造年から1年以内であれば4万~6万程度と、高額相場が設定されています。5年未満の製品でも買取相場は1万円程度です。ただし5年以上経過した冷蔵庫に関しては、廃番型式であれば価格が付かない場合がほとんどです。

値段が付かなかった場合は?

廃番型式や5年落ち商品、過剰在庫等の理由からリサイクルショップで値段が付かない場合も考えられます。残念ながら手放したい冷蔵庫に買取値段が付かなかった場合は、廃棄処分を考えることも必要です。郵便局でリサイクル券を購入し、自治体が指定する回収業者へ引取を依頼します。

廃番型式や5年落ち商品、過剰在庫等の理由からリサイクルショップで値段が付かない場合も考えられます。残念ながら手放したい冷蔵庫に買取値段が付かなかった場合は、廃棄処分を考えることも必要です。郵便局でリサイクル券を購入し、自治体が指定する回収業者へ引取を依頼します。

まとめ

大切に使うほど買取価格が付きやすい冷蔵庫。常に最新式のものを購入することでエコにも良いかもしれませんね。頻度が高い転勤などがある場合は、買取してもらいやすいよう、手放すことを考えて品定めをすることも一案です。

本記事は、2016年09月23日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。